東大・京大・医学部に圧倒的な実績を誇る,独自の理数教育を実践する理数研セミナーの公式サイト

案内書請求 | 入会について | サイトマップ


講座講座

理数研の数学】 【理数研の基礎総合理科】 【理数研の化学】 【理数研の物理】 【理数研の生物
講座について】 【入会金・受講料】 
 【時間割



理数研の数学
 全般的な理念と趣旨については「理数研セミナーへのご案内」をお読み下さい.
 各講座の演習は「演習」といっても時間の無駄の多いテストゼミではありません.宿題の解説と,一人一人への質問とその答えに対するコメントを中心とします.基礎の段階ではあまり進度や点数にこだわらず,深く考える習慣をつけることです.「よくわからないけど覚えてしまえ」では,数学を好きになるわけがなく,将来の飛躍は望むべくもありません.初めは少し難しくても,できるだけ他の問題にも通用するような普遍的な解法で解くように心掛けることが大切です.理数研の講師は全員その手助けのための労力と時間を惜しみません.

数学各講座の解説はこちら

数学テキスト


物理テキスト
理数研の物理
 主に中3,高1生を対象に,物理,化学,生物の基礎を総合的に学びます.受験問題の解法のテクニックを身につけるというよりは,まずは理科そのものへの興味を深めることを主な目的としています.自然現象を多角的な視野で捕らえて法則的に理解することを学びます.センター試験や2次試験での理科の受験科目を決めるのにも最適な講座です.高1生の受講を基本としますが,学校の進度次第では中3生も受講もできます.

基礎総合理科講座の解説はこちら



理数研の化学
 先ずは,様々な化学的現象に興味をもつことです.そしてその多様性が,つきつめれば原子と原子が電子をやりとりしながら結合したり離散したりすることから生ずるということに驚き,感動することです.受験化学といえど,単なる暗記科目と考えているようでは面白くもなく,結果として成績も伸びません.参考書に記された事項をすべて暗記したとしてもそれだけでは生きた知識とはならないのです.基本事項を中心として他の事項との関連性をいかに正確に,密度濃く理解するかが肝要なのです.また,問題を解く場合,単なる解法のテクニックをマスターしてもそれはその問題限りで終わってしまいます.出題者はその問題を解く上で何を考えさせようとしているのか,またその内容からいかなる理論が見出されるのか,さらに実際の自然現象とどのように関連しているのかなどを考えながら解答していかなければ,真の実力はなかなかつきません.理数研では以上のことを常に念頭において指導して行きたいと思っています.
 《C2》は主に高2生,《C3》は主に高3生を対象とします.

化学各講座の解説はこちら

化学テキスト


物理テキスト
理数研の物理
 物理こそ「急がば回れ!」が最もあてはまる科目です.先ずは当然のことながら,偉大な天才達が発見してくれた自然界の物理法則を正しく理解し,それに感動することです.感動を導くのは講師の役目ですが,この感動を無くして物理を好きになることなどできません.この段階はとにかく,公式を覚えるなどというのとは全く次元の違うことです.次に細心の配慮によって創作・選択された演習問題を通じてその法則の適用法を学ぶわけですが,その際,物理的発想といえる解答を心掛けていきたいと思っています.感覚だけに頼るのではなく,かといって必要以上に数学的計算に陥ることもない解法,それがまさに物理的発想そのものなのです.
 《P2》は主に高2生,《P3》は主に高3生を対象とします.《P4》は主に高卒生を対象とします.

物理各講座の解説はこちら



理数研の生物
 植物は種をまいて水をやれば芽が出てすくすくと育ちます.私たちはカゼをひいて熱が出ても普通は自然に直ってしまいます.このような生命現象は人知を超えた神秘的な現象として長らく放置されてきましたが,近年の生命科学の発展により,今では物理や化学の法則を組み合わせて明快に説明できるようになっています.生命科学では,簡単な原理から出発して論理を積み重ねながら複雑な生命現象を理解していくのですが,このプロセスは物理や化学の思考過程と何ら違いありません.逆に現象を丸暗記するだけでは,未知の現象に対して,入試はもとより日常身の回りの現象ですら,なす術がありません.このような観点から理数研の生物では,論理を積み重ねながら理解を深めるというスタイルで生物学にアプローチしています.生物学はあくまでも,物理や化学と同じく「理科」であるという考えです.
 ただし生物学では,物理や化学で用いられるような式や記号が整備されていないので,すべて言語で表す必要があります.そのために,入試では問題は長文になり,解答は論述を求められることになります.表面的・形式的にしかすぎませんが生物学のこのような特殊性に対応するために,出題者の意図を適確に読み取り,自らの論理を採点者に正確に伝える技術についても授業の中で取り組んでいます.
 《B2》は主に高2生,《B3》は主に高3生を対象とします.

生物各講座の解説はこちら

生物テキスト



【講座について】

1回の授業時間 120分
授業回数 ●数学(G1を除く)
第1期(4月〜6月) 11回
第2期(7月〜9月) 10回+復習試験1回
第3期(10月〜12月) 11回
第4期(1月〜3月) 10回+復習試験1回
●理科およびG1
1期あたり10回
確認テストと
個別指導
《J1》,《J2》,《F1》,《F2》,《M0》,《M1》,《M2》,《S2》では,授業の前に適宜「確認テスト(10分程度)」を行い,理解不十分と思われる受講者に対しては,別途「個別指導」を行うこともあります.
復習試験 数学,理科の復習試験は,各クラス毎に適宜実施します.
特に,数学は,年に2回,市民会館などで一斉復習試験を行います.


【入会金・受講料】

入会金 20,000円(税込)
1期(3ヶ月)
あたりの受講料

●数学(G1を除く):45,000円(税込)
●理科およびG1:36,000円(税込)

【再受講半額制度】(全講座半額)
ある講座を1年間受講した人が次の年も同じ講座を受講する場合は,その受講料は半額になります.


【体験受講制度】

@ 1講座につき年間2回まで体験受講可能です.

A 体験受講後に継続して受講する場合は,最初に無料体験で受講した分も含めて受講料を申し受けます.

テキスト代・ノート代・確認テストと個別指導代・復習試験費用などを別途頂くことはありません.
春期・夏期・冬期講習を受講される場合は別途受講料が必要です.




ページ先頭へ




理数研の数学】 【理数研の基礎総合理科】 【理数研の化学】 【理数研の物理】 【理数研の生物
講座について】 【入会金・受講料】 
 【時間割